壁や床下から水が漏れて天井から水漏れしてくる水道の修理

名古屋水道修理隊

壁・床・天助からも水が漏れてくる修理報告

マンションの壁と床の隙間から水漏れしているので水道修理をしてほしいと豊川市から修理依頼の入電が入りました。
現場で目視して見るとなにもしないで黙ってても水が滲んできます。該当部分の一部の壁を開口してみると給湯器の裏側の水道管から水漏れしていることを確認できました。
給湯器を取り外しボードを外すと銅管の繋ぎ目が腐食して水漏れしていました。加えてもう一か所ピンホールと言って銅管にはイオンの関係で穴が開く事がある水のトラブルも併発しています。
そこから糸みたいに水が噴き出ていました。その範囲の銅管を一部交換を行って水漏れが収束し壁を補修して給湯器を戻して水道修理が完了した案件でした。

担当したスタッフから
日々の生活で突然起きてしまう蛇口の水漏れ。そんな水漏れが起きた時に水道修理や工事に精通したベテランスタッフができる限り早急にトラブルが起きた現場に急行します。水漏れなど水道修理が必要になるケースは、多種多様で水漏れや詰まりのトラブルがどこで起きるか予測もできないし突然起きてしまいます。そんなときに当社の立ち上げ直後から行ってきた電話無料相談や夜間の水道の修理が敏速にできるようにスタッフへの速やかな伝達を行い水道の修理対応ができるように心がけています。また、水道の修理や工事まで精通したスタッフが多数在籍しています、※ 地域によっては、ご紹介できない場合もございます。
日常生活に欠かすことの出来ない蛇口や配管など水道設備ですから、トラブルで困ったことがあればご連絡ください。また、水道設備の水漏れや詰まりのトラブルが発生した場合でも24時間受付を行っておりますので素早く対処できるように日々精進しています。

開口後して水漏れの原因を探る

水道管の破裂で気になるマンションの構造

マンションの構造によっては、水道管の破裂による影響が大きく異なります。主な構造として、集中配管式と分配配管式があります。
集中配管式の場合、1階のメインバルブから各階に水道管が伸び、各戸への分岐が各階で行われます。この場合、上階からの水漏れが下階の部屋に影響を与える可能性が高く、被害が拡大することがあります。
一方、分配配管式の場合、1階のメインバルブから各戸への分配配管が行われます。この場合、各戸の水道管が独立しているため、他の階や他の部屋に影響を与えることはありません。
ただし、いずれの場合も、建物の老朽化やメンテナンス不足によって水道管自体が腐食しやすくなり、破裂のリスクが高まることがあります。定期的な点検やメンテナンスが重要です。

水道管の耐久性
水道管の耐久性は、使用される材料や設置環境、水の成分などによって異なります。一般的に、鉄製の水道管は錆びやすく、塩分が含まれる海水や温泉地などでは腐食が進みやすく、使用期間が短くなります。一方、プラスチック製の水道管は耐久性に優れ、軽量で施工性も高いため、近年ではよく使用されています。また、水道管には寿命があり、定期的な点検やメンテナンスが必要です。特に、古い建物や配管では、老朽化が進み、破裂するリスクが高くなります。適切な点検やメンテナンスを行い、必要に応じて交換することが重要です。

マンションで漏水した時の水漏れ特約や借家人賠償保険
マンションで漏水が発生した場合の水漏れ特約や借家人賠償保険についてご説明いたします。
水漏れ特約:
水漏れ特約は、賃貸住宅の借主が発生させた水漏れに対する修理費用を補償する保険です。
特約内容や補償範囲は契約書や保険会社のポリシーによって異なりますので、契約書をよく確認しましょう。
一般的には、借主が過失や不注意によって発生させた水漏れに対して補償が適用されます。ただし、故意による損害や契約違反による損害は補償されない場合があります。
借家人賠償保険:
借家人賠償保険は、借主が賃貸物件で第三者に対して損害を与えた場合に、その損害賠償責任を保険会社が補償する保険です。
水漏れが原因で隣人や下の階の住戸に損害を与えた場合、借家人賠償保険によって賠償責任が補償されることがあります。
ただし、借家人賠償保険も保険会社や保険の内容によって異なるため、契約内容を確認し、必要に応じて追加の保険に加入することをおすすめします。

漏水が発生した場合には、まずは速やかに管理組合や大家さんに連絡し、修理や対応策を相談しましょう。また、必要に応じて保険会社に連絡して保険の適用や補償について確認することも重要です。

料金コスト